« 原稿の入稿が終わりました | トップページ | 原子人と遊ぶ »

太陽光線が鮮やかに

101116 晴れたり曇ったり雨が降ったりと1日に何度も天気が変わる晩秋の能登地方。
 朝,学校へ向かう途中,毎日恋路海岸の前を通ります。16日には雲間のあいだからとてもきれいな太陽光線?が射していました。海に向かって何かが降りてくるような…天孫降臨とでもいいたくなるような景色です。
 それにしても不思議です。
 太陽光線というのは地球に平行にあたっているはず。例えば,どこに棒を立てても,ある程度近くならば同じ方向に影ができます。ところが,この光線は,まるですぐそばに光源があって,舞台を照らしているような感じがします。そのあたりをどうかんがえればいいのかとちょっと調べてみました。

BIGLOBEなんでも相談室 http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4521147.html

教えてgoo http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1871131.html

 あなたはどんな説を支持しますか?

|

« 原稿の入稿が終わりました | トップページ | 原子人と遊ぶ »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50069422

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光線が鮮やかに:

« 原稿の入稿が終わりました | トップページ | 原子人と遊ぶ »