« 「千羽トキ」を折ってみませんか | トップページ | 大伴家持の短歌 »

登天ポールさんという人

101124 今日,町の学校教育研究会主催の講演会があった。講師は,登天ポールという芸人?さん。カーボーイハットを被りキラキラの出で立ちで登場した。出身は神戸なのだが,ご両親がなんと能登出身で,彼もまた,最近,能登町に住み始めたらしい。
 登天ポールさんは,「いじめ撲滅」「自殺反対」「いつも心にマウンテン」を合い言葉に全国を行脚している青年だ。もともとは芸能分野ではたらいていたらしいが,神戸の震災をきっかけに人の見方が変わったらしい。
 ギターを弾きながら,じっくりと語るその語り口に,説得力を感じた。今日の午前中は,近くの中学生に話をしてきたらしい。これなら心に響くだろう。
 「なんだお前」と通りすぎる人混みの中で,一人立ち止まって聞いてくれる人がある。彼はその一人の人に向かって語りかけるように歌を歌うそうだ。

|

« 「千羽トキ」を折ってみませんか | トップページ | 大伴家持の短歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/50121568

この記事へのトラックバック一覧です: 登天ポールさんという人:

« 「千羽トキ」を折ってみませんか | トップページ | 大伴家持の短歌 »