« 300個の風船! | トップページ | 冬の虹 »

流れる水のはたらき

101026 右の写真は,5年生の「流れる水のはたらき」という単元で使った実験・観察セットです。
 鉄製スタンドに大きなペットボトルを切ったものをハサミます。そのフタには釘で穴を一つ開けておきます。下に置いてあるのは,給食のトレイ。その上には砂場の砂をしっかりフラットな状態で乗せておきます。傾きをつけることと流した水を受けるために,児童机用の引き出し(オレンジのものがそれ)を使っています。
 そして,上のペットボトルに水をいっぱいに入れると,ペットボトルのふたの穴から水が出て,砂を削り,川ができて,砂が運ばれ,下には扇状地のような模様ができます。
 次に,水の量を多くしたときと比べるます。そのためには,フタの穴を3つ開けたものを用意すればいいのです。同じように水をペットボトルの中に流すと,今度はトレイの底が見えるくらいに砂が削られ,運ばれる砂も多くなります。
 校舎の外に出なくても実験できるこのセットは,なかなか便利です。昨年から使っています。トレイと引き出しのペアがいいのです。引き出しの「しきり」に「トレイの底」が固定されるので,しっかり坂道になるのです。偶然とはいえ,すばらしいペアです。

|

« 300個の風船! | トップページ | 冬の虹 »

授業のネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/49862512

この記事へのトラックバック一覧です: 流れる水のはたらき:

« 300個の風船! | トップページ | 冬の虹 »