« 「青蜂」という言い伝え…あばれ祭外伝 | トップページ | KITに行けますように…サマー・サイエンス・スクール »

銀杏から2年め

100707  食品店に並んでいた「銀杏の袋」から出した銀杏を植えたら,見事に発芽ました。この写真は,1年後の様子です。昨年までの部分の茎(幹)は茶色く見えます。緑色の部分が今年に入って延びた枝です。
 このあとどうするのかは考えていないのですが…一本は地植えしようかなあ。学校にイチョウの木があってもいいでしょう。落ち葉の扱いが大変になるけど…。
 隣に小さく移っているのが,日本タンポポ。これもタネから育てたものです。
 仮説実験授業≪タネと発芽≫は,年間を通して楽しめるのでおもしろいです。夏休みの理科研究のネタにいかがかな。

|

« 「青蜂」という言い伝え…あばれ祭外伝 | トップページ | KITに行けますように…サマー・サイエンス・スクール »

月間『たのしい授業』関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/48816252

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏から2年め:

« 「青蜂」という言い伝え…あばれ祭外伝 | トップページ | KITに行けますように…サマー・サイエンス・スクール »