« 吉田孝さんのブログ | トップページ | 偶然撮れたすてきな写真 »

松明の下であばれる御輿

100704  あばれ祭の2日目。あいにくの雨模様だけれども,午後9時に宇出津町へ出かけた。 
 梶川の両岸にはすでに人がたくさん陣取っていた。
 10時過ぎ,やっと1台目の「あばれ御輿」がやってきた。御輿は橋から川に投げ込まれ,水の中で回され,橋桁にたたきつけられる…「ヤッショ-ヤッショー」のかけ声が切れ目なく続く。なかなか迫力のあるシチュエーションだ。
 御輿は一度陸に上がったあと,さらに八坂神社に向かって担がれていく。そして,途中の松明のところでもう一度川に投げ込まれ,その松明を支えている柱にぶつけられるのだ。上からは当然火の粉というよりも炎の固まりが振ってくる。すぐそばには民家が建ち並び,森が迫っている場所でのこの祭りは,消防車横付けで行われていた。

100704_02  このあと,八坂神社の境内でもう一度炎の中に投げ込まれた御輿は,午前0時過ぎ,無事?神社の拝殿へと担ぎ込まれた。この御輿は「酒垂神社」のもの。
 帰り道,もう一台のあばれ御輿が,これから最初の川に入ろうとしていた。それはまだわりときれいな姿をしていた。
 そう,ここでは,午前1時頃から,もう一度,こんな様子が繰り返されるのである。
 2日間の熱い祭りは,終わった。
 私の夏は,これから始まる!

|

« 吉田孝さんのブログ | トップページ | 偶然撮れたすてきな写真 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/48796601

この記事へのトラックバック一覧です: 松明の下であばれる御輿:

« 吉田孝さんのブログ | トップページ | 偶然撮れたすてきな写真 »