« 千体地蔵 | トップページ | ここにも仮説実験授業の実践者が… »

網のアンテナ

100614  これも古い写真。94年の5月に撮影したもの。
 あやふやな記憶だが,たぶんここは能登半島の宝達山の山頂付近じゃなかったかと思う。
 このころ発表された電磁波の授業書か授業プランのことが頭にあったために,こんな写真を撮ったんだろう。
 注目して欲しいのは,これらのパラボラアンテナの一つが網状になっているところだ。こんな網なら,電波もすり抜けてしまうのではないかと思ってしまうのも不思議ではない。雨が降れば水は通り抜けるし,風(空気)だって通り抜けるし…だからこそ,網にしてあるのだけれどもね。
 しかし,このアンテナはある電磁波は通り抜けないのだ。
 それは電子レンジの扉についているあの網のようなものとも関係する。これ以上は言わないけれども,いつかは授業で使おうと思いながら,未だに使っていない1枚である。
 そういえば,そのころ買った授業用の電子レンジも,一度も電磁波の授業で使っていないなあ。

|

« 千体地蔵 | トップページ | ここにも仮説実験授業の実践者が… »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/48630158

この記事へのトラックバック一覧です: 網のアンテナ:

« 千体地蔵 | トップページ | ここにも仮説実験授業の実践者が… »