« オオトビサシガメかな | トップページ | 寺田屋にも人がいっぱい »

アルゴンは,やっぱり紫だった

100503 GWに関西にお出掛けしてきました。幸いにも渋滞にまったく遭わずに帰ってきました。これは奇跡に近いことです。
 さて,その行きのこと。
 あるパーキングで,写真のような車が止まっていました。「エア・ウォーター」っておもしろい名前だなあなんて思っていたのですが,動き始めた車の後には「液体アルゴン」って書いてあるではありませんか。慌ててデジカメを出して撮りました。
 ≪もしも原子が見えたなら≫で出てくるアルゴン分子(原子)の色は紫です。この車の色も紫になっています。これは偶然なのでしょうか? この会社,なかなかやりますね。もしかして,デザインした人は「もし原」の経験者だったりして…。
 でも会社のサイトを見たら,いろんなトラックが紫っぽかった…(^^ゞ

|

« オオトビサシガメかな | トップページ | 寺田屋にも人がいっぱい »

不思議発見」カテゴリの記事

仮説実験授業」カテゴリの記事

分子模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/48288980

この記事へのトラックバック一覧です: アルゴンは,やっぱり紫だった:

« オオトビサシガメかな | トップページ | 寺田屋にも人がいっぱい »