« ヒストリアクラブ発進! | トップページ | ツバメを守る! »

井上ひさしが逝ってから

100425  たまたま撮りためていたビデオを見ようとテレビを入れたら,NHKで「追悼 井上ひさしさん」という番組をやっていた。ちょうど始まったところだったので,ついついしっかり見てしまった。ゲストには,山田洋次監督,女優の大竹しのぶさん,そしてペンクラブ会長の阿刀田高さんだ。
 どの方も井上さんの作品や生き方に現れる「人間らしさ」「庶民らしさ」「人間への信頼」というものを余すところなく伝えてくれて,時折目頭が熱くなった。
 最後に紹介していた「井上ひさしさんの座右の銘」について,ホントにその通りの表現をした人だったんだなと思った次第だ。
 写真は,どっかのHPからもらってきたもの。

 むずかしいことをやさしく
 やさしいことをふかく
 ふかいことをゆかいに
 ゆかいなことをまじめに
 書くこと

 授業でも同様のことが言えるかも知れません。
 簡単なことを,難しく,愉快じゃなく教えているのが今の学校なのかも…。

|

« ヒストリアクラブ発進! | トップページ | ツバメを守る! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/48180229

この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさしが逝ってから:

« ヒストリアクラブ発進! | トップページ | ツバメを守る! »