« ≪空気と水≫用,注ぎ口 | トップページ | 今年最後のサークルでした »

これは「仮説実験授業」の実践ではないのでは??

 ネットで見つけた「研究の成果と課題」(小出秀人氏)というレポート。
 4ページのPDFファイルで,仮説実験授業を取り上げたら効果があった(子どもたちが理科に興味を持ち,テストも良かった)という報告である。これはいいなあと思って読んでいたのだが,何か違和感が…。このレポートには「仮説実験授業」の授業書の名前も出ていない。
 さらに仮説実験授業の授業書を「学習シート」としていたり,授業運営法についてもあまり分かっていないまま進めている,など,ちょっと…という部分が多すぎる。
 レポートを読んでの私の予想は,この方は≪光と虫めがね≫という授業書から一部を引用して自分でプリント化して,中学校の授業に合うように組み替えたのではないか…というもの。いわゆるつまみ食いをしているような気がするのだ。
 別に何をしようが,いいのだろうけれども,「仮説実験授業」という言葉を名乗るからには,単なる授業方法ではないのだということくらい,わかっていてもらいたいものだ。

http://www.netin.niigata.niigata.jp/shidouan/rikakamiyamachu3.pdf

|

« ≪空気と水≫用,注ぎ口 | トップページ | 今年最後のサークルでした »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/47013861

この記事へのトラックバック一覧です: これは「仮説実験授業」の実践ではないのでは??:

« ≪空気と水≫用,注ぎ口 | トップページ | 今年最後のサークルでした »