« 駐車場に車が並んでいる? | トップページ | 醤油の「注ぎ口」って知ってますか? »

≪空気と水≫の授業から…キッコーマンしょうゆへ

 授業書≪空気と水≫の最後に,「醤油差し」が出てきます。
 そこで,子どもたちは実に色々な醤油差しを使っていることが判明。楽しい授業になります。

 さて,垂れない醤油差しといえば,キッコーマンのガラスビンです。これついて調べていたら,こんなサイト(かしこい生き方のすすめ COMZINE)が見つかりましたので,紹介します。

Long_img04a_3「ニッポン・ロングセラー考008 キッコーマンしょうゆ卓上びん」
買ってきて、そのままポンと食卓に置ける「キッコーマンしょうゆ卓上びん」は、発売されたその年だけで
8万8000ケース(約200万本、24本/ケース)を出荷。
旧型の卓上びんが5万ケースであったことを考えると、その評判の高さが伺える。
6年前の97年時点での出荷量は、33万2077ケース(約400万本。12本/ケース)。
現在も毎年同じぐらい出荷されていると言うから、その人気の根強さには驚かされる。
さらに、近年は国内以上に海外で売れているそうだ。

台所の片隅から食卓へ、運搬・保存のための容器からテーブルで使う什器に。
新しい役割を与えられた卓上びんは、
「しょうゆ=キッコーマン」というブランドを打ち立てるのにも大いに貢献した。
従来の1.8リットル瓶入りのしょうゆは移し替えてしまえば、それがどこのメーカーのものなのか分からない。
ところが、卓上びんには、キッコーマンのマークが記されている。
今や中味が何であれ、これに入っているものはしょうゆと認識されるまでになったのだ。

この最後の言葉が印象的です。
この醤油差しは使い捨てではないので,中身はどうであれ,日本の食卓には「キッコーマン」の醤油差しが乗っているというわけです。
ちなみに,我が家もこの醤油差しです。洗いやすいし使いやすいんです。
でも中身は,地元の髙田醤油さんのものです。

|

« 駐車場に車が並んでいる? | トップページ | 醤油の「注ぎ口」って知ってますか? »

仮説実験授業」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/46979889

この記事へのトラックバック一覧です: ≪空気と水≫の授業から…キッコーマンしょうゆへ:

« 駐車場に車が並んでいる? | トップページ | 醤油の「注ぎ口」って知ってますか? »