« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

「ノーモア・ミナマタ」の運動

090625_02 国会議事堂裏の議員会館前に「ノーモア・ミナマタ」という幟を持った一団が座り込みでアピールをしていました。昨年,久しぶりに「ミナマタ」を子どもたちに教えた私は,興味深く,彼らが配布していたチラシを読みました。そこには,「チッソ会社が分社化されて,水俣病の責任の所在がうやむやになるのではないか」という懸念が訴えられていました。

 HPを調べてみると以下のような声明文が出てきました。

チッソ救済法案に関する与野党国対委員長合意に断固抗議する声明
 報道によれば,昨日,与野党の国対委員長は,与党が国会に提出しているチッソ救済法案を今国会で成立させることを合意した。
 与党は,同法案を水俣病被害者救済法と称しているが,被害者救済の中身は全く決まっておらず,法案成立後に具体化していくものであることが,昨日の与野党協議メンバーとの意見交換においても明らかになった。
 同法案は,被害者の救済について具体的に定めていない一方で,チッソの分社化を何が何でも認めようとするものである。しかし,水俣病の加害企業であるチッソの分社化を法律で容認すれば,チッソ消滅後の被害者に対する責任は,国と熊本県がすべて負うことになる。
 要するに,この法案は,被害者救済の具体的な法案ではなく,チッソのみを救済する法案なのである。
 救済すべき被害者はどのような症状を有する者か,どのような診断書で判断するのか,いかなる補償内容にするのか,極めて基本的かつ重要な事項について全く決まっていないにもかかわらず,すべての被害者を国と熊本県の責任で救済するというのであれば,それにふさわしい協議と検討が必要である。
 しかし,現時点において,そのような協議や検討は何もなされていない。
 水俣病被害者救済と銘打ちながら,このような協議も検討もしないまま,チッソ救済法案の成立を強行するようなことがあれば,歴史に重大な汚点を残すことになろう。
 私たちは,チッソ救済法を今国会で成立させるとの与野党国対委員長合意に断固抗議し,その撤回を求めるものである。
         水 俣 病 不 知 火 患 者 会
         ノーモア・ミナマタ国賠等請求訴訟原告団
         ノーモア・ミナマタ国賠等請求訴訟弁護団

 昨年,子どもたちと授業したときにも「ミナマタはまだ終わっていない」と思いましたが,今回のこの模様を見て,そのことを再認識した次第です。

「ノーモア・ミナマタ訴訟弁護団」のサイトはhttp://www7b.biglobe.ne.jp/nmmb/です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半蔵門から見た江戸城跡

090625 東京には何度も来てお泊まりしたことがありますが,そんなときは,たいてい駅の近くに宿を取ります。歩いて1分とか2分とか。今回は,お任せだったので,どんなところに泊まるのか楽しみでした。どうせ飲んで帰ってくるだけだから,景色なんて関係ないんですがね…。

そしたら,朝はバイキングではなくてちゃんと和食と洋食から選ぶようになっていて,椅子まで引いてくれるレストランでした。部屋(11階)の窓から見える景色もなかなかいい感じで朝ジョギングしようかと思ったくらいです(思っただけですが)。右手前に見える大きな建物が「国立劇場」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央集会に参加してきました

090624_03 今回の東京行きは,組合の中央集会に参加するためです。集会の名称は,
「子どもの貧困」の解消と就学・修学の希望を失わせないための施策を求める中央集会
という名前です。
集会には,日本PTA全国協議会会長さんも来賓として出席されておられました。また,今回,組合が集めたカンパ金の行き先である「あしなが育英会」の会長さんのあいさつや,その育英会のおかげで大学まで進むことが出来たという学生からのアピールもありました。

そのあと,参加者は国会に向けて「デモ行進・国会請願行動」をしました。久しぶりに歩く東京の町は,なかなかよかったです。参議院・衆議院の前には,民主党や社民党の議員もおられて,一緒にがんばろうを三唱しました。
野党三党が出した教育改革法案には「高校教育の無償」が入っています。衆議院でもこれが通れば,とてもいいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空から見た宇出津

090624_02 今回の東京行きは,平日。そこで飛行機もがら空き…さみしいけど…。そこで,座席は「右側の窓際」に場所を取りました(というか,勝手にお姉さんがそうしてくれたのですが)。27番Fだったかなあ。
能登空港からとびだってすぐに見覚えのあるけしきが…。地質図や地形図を何度も見ていたので,どこかすぐに分かりました。能登町宇出津地区の海沿いの風景です。
よく見ると,小学校のグラウンドも分かります。
能登空港をとんでからすぐのこの時間帯では電子機器の利用は禁止されています。携帯電話の写真機能ではなく,ふつうの写真機で撮りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永井豪って知っていますか?

090624写真は何か分かりますか?
「グレンダイザー」って言うそうです。
今年の春輪島市にオープンした「永井豪記念館」のPRの一環として,能登空港の待合室に出現しました。
永井豪というのは,私達の世代で言うと「ハレンチ学園」とか「マジンガーZ」とかのアニメで有名な作家です。彼が奥能登と深い関係があるなんて,この記念館が出来るまで全く 知りませんでした。人間が乗り込んで巨大ロボットを操縦するという発想は「マジンガーZ」が最初なんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリアオガエルの卵がた~くさん!!

090623 今日の朝,学校の中庭に出てびっくり。学校の池の周りの木という木に,モリアオガエルの卵(卵塊)がぶら下がっているではありませんか。今までにも,3~4個,一度に付いているのを見たことはありましたが,今日は30個ほどもついています。

昨日の日中は,とても大きな雨が降っていました。夜も時々小雨が降っていました。オスのカエルたちが一斉にメスを呼んで,こんなにたくさんの卵を産ませたのでしょうか? 興奮した私は,地元の新聞社に電話しましたが…。さて,どれだけ取り上げてくれるのでしょう。カエルの話題が続きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーフロッグ

090610 「太陽光でぴょんぴょんはねる!」というプラモデル?を購入しました。
発光ダイオードを購入しようと思って,友人から教えてもらったパーツ屋へ行ったら,見つけたものです。1200円でした。
箱には「10歳以上,工作時間45分」と書いてありましたが,私がやってみたら,20分ほどでできました。
太陽光に当たった時のかえるの動きは「ぴょんぴょんはねる!」というよりも,ずるずるはねるという感じですが,子どもたちは喜んでくれると思います。体長は,約8センチくらい。
こんなちっちゃな光電池で動くってことに技術の進歩を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由と言えば…自由電子

今年の私は「漢字クラブ」を担当しています。その漢字クラブでの出来事。

仮説社で手に入れた漢字のカルタなどをやっていたときの子どもたちとの会話。

教師「もし,ペアができなかったら,カードをココにおいておくよ。これは誰が取ってもいい自由のカードだよ」
4年生男子「ああ,自由か。自由電子や」
4年生女子「そうや自由電子や」
5,6年生「…」

うちのクラブは7名所属。
そのうち4年生が2名。
この2人は,もちろん,4月から,私と一緒に<自由電子が見えたなら>の授業をしてきたのであります。
「自由と言えば自由電子」って連想してしまうなんて大したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百万石まつり

090607先週の金・土と用事があり,金沢に行っていました。土曜日からはちょうど「百万石まつり」がはじまります。考えてみると,まだ一度もこのお祭りを見たことがありません。そんなわけで,少し時間を取って行列?をじっくり見ることにしました。私がいたのは,アトリオとミスドの前の道路の真ん中。けっこう身近でみることができました。
金沢駅から歩いてきているので,子どもたちの中には相当疲れ気味の子も。その一方で,火縄銃や弓を持った外人さんたちが,うれしそうに観客に向かって構えたりしているのが面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平等院とその周辺

  宇治上神社の次に向かったのは,平等院です。平等院へは,今までにも3度ほど行ったことがあります。090603_2
 前回は,3年ほど前。そのときには,鳳凰堂の光背だったか天蓋だったかが修理中で,きれいなものを見ることはできませんでした。だから,今回,全部そろった阿弥陀様が見れてよかったです。ただ修理と言っても「現状維持」が主目的なので,そんなにきれいになったという気はしません。いっそのこともともキレイな状態にすればいいのに…なんておもったりもしますが,やはりそれは邪道なんでしょうなあ。
 平等院の敷地内にある資料館「鳳翔館」で上映されている映像の中に,建立時の平等院の映像(コンピューターグラッフィックス)があります。それを見ると,金色に輝いている鳳凰堂が映し出されます。かっこいいです。
 私が鳳凰堂に入ったのは,「本日最後のご案内」の時刻でした。全部で15名くらいしかいませんでした。これもまた新型インフルのせいでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界文化遺産・宇治上神社

090601 宇治に着くなり,私は「宇治上神社」へ向かいました。ナビを頼りに細い路地を進んでいくと,ほとんど行き止まりになり,仕方がないので路肩にとめてちょっとだけ見てきました。ここはとても古い神社があると言うことだったのですが,予想どおり入場料さえ必要のない,閑散とした場所でした。ただ,神主さんみたいな人はいたし,お土産というかお守りの売店はありました。ここがなぜ「世界遺産」なのかは,以下の通り。

古都京都の文化財は、京都府京都市・宇治市,滋賀県大津市に存在する寺院等の総称。1994年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録された(ウィキペディアより)。

つまり「古都京都の文化財」という文化遺産の一つの建物だというわけです。ここには,金閣や銀閣,それに平等院なども入っているというわけです。

宇治上神社は,その本殿が「平安後期に建てられた現存最古の神社」だそうです。

前述したように写真はないので,ウィキペディアから引用しました。

宇治上神社については,以下のHPがくわしいです。

http://www.y-morimoto.com/kyoto_isan/ujikami.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都・宇治の旅

 先週の金・土・日に,京都の宇治市まで行ってきました。「たのしい<社会の科学の授業>への招待」という講座に参加するためです。
 講座は土曜日の10時からなので,一足早く,金曜日から出かけました。そんでせっかくなので,金曜日の夕方,宇治の観光もしてきたというわけです。
 いつものように,デジカメ片手に,あれもこれもと珍しいものはすべて画像におさめたのですが,家に帰ってパソコンに入れてみると,すべてエラーとなり,みることができません。ファイルの拡張子まで変更されてしまっています。
なんとこの3日間の写真はすべてパーです。悲しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »