« 明石天文科学館へ行ってきました | トップページ | モニュメント「通称:トンボ」 »

東経135度の子午線と漏刻

090207_2明石天文科学館の玄関に向かって左側(西側)に「東経135度子午線」が書かれた地面があります。写真の部分です。この部分には,黒御影石製の漏刻があります。
この漏刻は,天智天皇が日本で初めて時を伝えた漏刻にちなんで,2005年6月10日の時の記念日に設置されたそうです。
また,漏刻の下から伸びる2列の白タイルは、1998年に天文科学館周辺の震災復旧工事にともなう周辺整備事業の一環として完成したものだそうです。この科学館も阪神大震災では大きな被害を受けたそうです。

参考サイト:東経135度子午線をたずねて(http://www.h2.dion.ne.jp/~kazuf/sao/135e/index.htm

 

|

« 明石天文科学館へ行ってきました | トップページ | モニュメント「通称:トンボ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/44010853

この記事へのトラックバック一覧です: 東経135度の子午線と漏刻:

« 明石天文科学館へ行ってきました | トップページ | モニュメント「通称:トンボ」 »