« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

シャボンの上のダイヤモンドダスト

もうひとつ「雪の科学館」の話題を。結晶が育つのをみることができます。

081027これは,
(1) -22度くらいの冷凍庫の中に,ダイヤモンドダストを発生させます。
(2) そのきらきらしているダイヤモンドダストをシャボンの膜に触れさせます。
(3)するとあら不思議,みるみるうちにシャボン膜の上に氷の結晶が育っていくのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過冷却

081026雪の科学館での話題の第2弾は「過冷却」です。静かにじっくりと冷やしたマイナス10度くらいの水を外に出し,氷のかけらを入れると,一瞬にして水面から凍り始めます。そのとき,写真のように,まるで氷の三角柱ができるように凍るのです。不思議でした。

「中谷宇吉郎 雪の科学館」HPhttp://www.city.kaga.ishikawa.jp/yuki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チンダル現象

24日,25日と,加賀市で「石川県教育研究集会」が開催されました。私も理科分科会に参加するために3名の同郷のメンバーを乗せて加賀市に向かいました。加賀市に着くと,開会までまだ1時間ほど余裕がありそうです。そこで,久しぶりに「中谷宇吉郎 雪の科学館」に行くことにしました。同乗者のうち2名が「一度も行ったことがない」と言ったからです。

081025この「雪の科学館」には,宇吉郎の一生の掲示物もありますが,研究員の方にお願いするといくつかの実験を見せてもらえます。設立当初からある「売り」の実験が,「氷がとけるときに雪の結晶のようにとける」様子を見ることができるというものです。この現象は,チンダル現象と呼ばれているそうです。前にも数回おじゃましたことがあるのですが,今回はデジカメをもってきたのでしっかり画像におさめることができました。きれいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ジクロルボス」の分子模型

Uminekoya_28081 今話題の農薬・ジクロルボス。事件の推移も気になりますが,「たのしい授業学派」としては,その分子式も当然気になります。
そこで,調べたところ,海猫屋さんのホームページに,分子模型の写真が載っていました。

<ジクロルボスについて>
・分子式 C4H7Cl2O4P

・有機リン化合物の殺虫剤である。ジメチル2,2-ジクロルビニルホスフェイトともいい、略称は DDVP である。

海猫屋さんYSS原子ブロックhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/uminekoya/yysb8b6bbd.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50年ぶりに デカ曳山,動く!

081011 今日,1時から,50年ぶりに復元されたデカ曳山の曳きだしが行われました。鵜島地区以外からも大勢の人たちが来て下さり,大賑わいの中での曳きだしとなりました。本当の祭りのときにはあまり参加しない年寄りたちも,今日ばかりは,50年前を思い出して一生懸命曳いていました。風が強くて海の方に倒れるのではないかと心配しましたが,大丈夫でした。

081011_01 あとから能登へ釣り大会に来ていた大学生も大勢(およそ100名)加わり,大盛況で終わりました。下の写真は,そのときの様子です。彼らが曳っぱると,砂の上でもゆったりと進むことができました。さすが若い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デカ山出現

081010_4昔,鵜島の砂浜(塩浜)を引っ張っていたというデカ山の復元に,地元のメンバーが取り組んできました。今日,それが完成し,ライトアップされていました。明日(10月11日)は,わずかな距離ですが砂浜を曳くことになります。何人で曳けるのでしょうか? 午前11時から,色々なイベントが行われるようです。乞うご期待。地元の人でなくても参加できるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空祭

081005 能登空港のとなりに,日本航空学園があります。この土日は,そこの学園祭「航空祭」がおこなわれていました。そらはどんよりと曇っていましたが,10時ごろからの航空機とヘリコプターのフライトは無事出来ました。教官や生徒が操縦しているそう。ヘリコプターはいろんな動きを見せてくれたし,グライダーは上空で旋回したりしていました。

YS-11にも乗れたし(もちろん飛びませんが)ねえ。しかし,純国産の飛行機と謳われたはずのYS-11のエンジンが日本製ではなかったのにビックリ。これで純日本製と言えるのかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウモロコシの雌花が咲いた!

081002 5月に植えた「ハトのエサ」。エンドウ,マイロ,コムギ,オオムギ,ソバ,ベニバナなどは,既に花を咲かせて枯れてしまいました。エンドウやソバなどは,勝手にタネが落ちで,2回目の芽が出ています。すごい生命力です。

夏休み中,雄花しか咲かせていなかったトウモロコシが,ここ10日ほど前から,雌花を咲かせています。クラスの子どもたちの(隣のクラスの子たちも),大喜び。毎日水をやっていた甲斐があります。しかし,肝心の雄花のほうは既に枯れてしまっています。これでは受粉できないので,実はまったくできないかも知れません。それもまた楽しからずや。さて,いつ収穫するかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカヤマエッグ

Nakayamaegg 歌碑によった帰り道,国道249号線沿いに,直径80センチほどの巨大な「たまご」がならんでいました。思わず車を寄せて写真をぱちり。この花崗岩でできたたまごが置いてあったのは,「ナカヤマエッグ」という会社の玄関です。

さすがに,車から降りて頬ずりをするところまではいきませんでしたが,なでてみたくなるすべすべさであることは確か。粋なオブジェは,町の雰囲気を和らげます。

(株)ナカヤマエッグのHPは「http://www.nakayama-egg.co.jp/index.html」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »