« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

開智学校の講堂(2F)

080224 今日は,開智学校の中をご紹介します。右の写真は,2Fにある「講堂」です。この学校,外見だけではなく中身も立派に「西洋風」ですね。ここで校長先生たちが教育勅語なんかを朗読したのかなあ。みんなで歌を歌ったりもしたんでしょうね。真ん中にオルガンもおいてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治の今日の開智学校

080223 開智学校の話の続き。

2Fに行くと,「明治の今日の開智学校」というコーナーが壁に掲げられていました。この日はちょうど昔で言うと紀元節。今風に言うと「建国記念の日」。そこで,明治の今日も,紀元節の行事をやっていたようです。

「明治の今日」コーナーは,当然毎日更新されているわけです。この部屋には,今までのバックナンバーも読める様になっています。あ~,せめて誕生日くらい見てくればよかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスの子にも見つかった!

ん~,遂にというか,やっぱりというか…。
このブログのことが,子どもさんたちの日記に出てきました。
要するに担任がやっているブログを見つけたということ。
やはり時代ですねえ。いつの間にか探し当てていたんですね。
いろいろと書きにくくなるのかなあ,でも
そんなのかんけーねー。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ホテイウオ(布袋魚)

080221 これが身の回りの動物といえるのかどうか分かりませんが。
今日,学校に写真の様な魚がやってきました。
近くの漁師さんが生け捕りにした魚です。
何という魚なのか,近くの「のと海洋ふれあいセンター」の職員さんにも問い合わせたところ,ホテイウオ(布袋魚)という魚だということが判明。どうもメスらしいです。
ふつうは100m~200mのわりと深いところに住んでいるのですが,産卵のために冬から春にかけて沿岸近くにやってくるらしい。
今回,その産卵に来たお魚が漁師さんにゲットされたというわけです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

コソボ共和国の新国旗

Flag_of_kosovo 今月17日(日本時間の18日),セルビアからコソボ自治州が独立して,コソボ共和国ができました。セルビアは反対しているので,これからも紆余曲折が予想されます。一方で,アメリカは独立を承認し,ロシアは不承認。台湾は承認。これは,自分のドクリツも認めてほしいという魂胆でしょう。みんなわが国の利益を考えているようです。
さて,そのコソボ共和国の国旗ですが,上にように決まったようです。
青地に6つの白い星。この星は,90%近くを占めるアルバニア人や他の少数民族を現しているそうです。真ん中の黄色の部分は,コソボの地図の形です。
本当は,多数派のアルバニア人たちは当然おとなりのアルバニア共和国の国旗の方が好きなのです。独立したときにも,アルバニア共和国の国旗を振って祝っていました。でも,それだと,もろ民族主義なので,少数民族にも配慮している姿勢を見せたようです。
でもでも,国民は多分,アルバニア共和国の国旗を使うんだろうなあって予想しています。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

長野オリンピック記念・ジャンプ台

080217帰宅路。時間もあるし,天気もいいので,高速を使わずに帰ることにしました。
「松本-糸魚川」までの約100キロ。雪のアルプスを横目に見ながら,ゆったりと帰路につきました。
白馬のあたりで,長野オリンピックが開催されたジャンプ台が見えました。せっかくだから近くまで行ってみると,ちゃんとリフ トも動いており,いちばん上までいけるらしい。それでジャンプ台の上まで行って立ってきました。
080217_2けしきがすべて白いので,上まで行くと帰ってこわさを感じません。エレベーターを降りてから,網網の階段を上って上まで行くときが一番こわかった…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっと見学,開智学校

080216 松本市にある,日本で初めて建てられた小学校を見学。
3年前に行ったときには,改築中で閉まっていました。それで外から外観を撮しただけでした。でも,それは網に囲まれていたのだった。
今回の訪問でやっと中を見てくることができました。
8時30分の開館をまって入館。外は-5度でしたが,多分中もそんなに変わらない。めっちゃくちゃ寒い中をじっくり見てきました。
市民の募金で建設された話や,設計士のこと。災害にあった校舎の様子の写真など,とても興味深いものがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

須坂市動物園・人の獣舎

080215_3 「 人の獣舎」という看板を発見。
セキセイインコの鳥小屋の横に,入口が空いている獣舎がありました。「そこに入りなさい」と言うことらしい。
その獣舎に入ることで,人間が人間に見られているという状態になります。
娘や妻の冷たい視線を無視して,私はその中に入りました。
金網の中から見る景色はなかなか格別。
以前,いしかわ動物園の裏側を見せてもらったことがありましたが,そういう気分でした。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

須坂市動物園・手作り看板

080214 「すざかしどうぶつえん」の園内のあちこちに,楽しい手作り看板が掲げられています。どっかの業者に頼んで作ってもらった看板ではありません。飼育係の人がその動物と季節に合わせて作ったものなのです。それが針金で無造作に金網などにつけられています。
この手作り感がたまらなく良いのです。
写真の看板は,ハッチのいるカンガルー舎につけられていたもの。こうして書いてあったので,「あと30分待てばカンガルーが出てくるかも」と待つことにしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

須坂市動物園・休憩所

080213 「すざかしどうぶつえん」には,休憩所もあります。当日は天気がよかったものの,ハッチが出てくるまで待っているには寒い季節。雪もチラホラ降ってくるし…。
でも大丈夫。カンガルー舎の近くには,写真のような休憩所があります。
ここには,新聞や雑誌で紹介された動物園の記事があったり,動物に関する本や写真集も置いてあります。コーヒーもただでどうぞ…というサービスぶり。
この「すざかしどうぶつえん」は,インターネットライブカメラで,動物の今現在の様子を見ることもできます(右の親子が見ているのがそれです)。
私達も,温かい部屋でコーヒーを飲みながら画像を見て,カンガルーの動きが見えたら部屋から出て行ったというわけです。
便利な世の中だなあ。

ハッチ・クララの映像はこちらからもみることができます。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/city/garyu/dobutsu/webcam.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

須坂市動物園・ハッチとクララ

080212 信州への旅,第2弾。
須坂市にある「すざかしどうぶつえん」に行ってきました。
ここには,志村動物園で紹介された雄のカンガルー「ハッチ」たちの家族が住んでいます。
着いたのが午後の2時半頃。お昼寝真っ最中。「3時半頃に食事の時間です」というかんばんを見て,それならばその時間までいようということになりました。
動物園自体は大きくありません。
入場料もたったの200円です。
でも,とても手作り感があって,いい雰囲気でした。

待った甲斐あって,ハッチ達はエサを食べに出てきました。
ハンドバックとケンカはしなかったけど,一目見れてよかった…。
(左奥の大きいのがハッチ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寒い…零下5度

082011 この連休に長野・松本方面へ行ってきたので,今週は,その話題を紹介しよう。
さて,右の写真は,青空駐車してあった車のガラスのアップ。
樹氷のような結晶が育っていて,さすが冬の信州だと関心。
このとき(朝8時)の気温は,-5℃。
松本ではなにも珍しいことではないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタミドホスの分子模型

Photo今話題の農薬・メタミドホス。どんなルートで混入したのかも興味がありますが,楽しい授業学派は,その分子式も当然気になります。
そこで,調べたところ,海猫屋さんのホームページに,分子模型の写真が載っていました。

<メタミドホスについて>
・ 分子式 C2H8NO2PS
・ 有機リン化合物
・ 1965年にシェブロン社によって開発された殺虫剤。
・日本では登録されておらず農薬、殺虫剤として使用することはできないが、昆虫の他、ダニ類にも効果が高いため、中華人民共和国、アメリカ合衆国、南米、オーストラリアなどでは広範に使用されていた。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/uminekoya/28080.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

石川の自然談話会

080203 3日,日曜日。のと海洋ふれあいセンターで「石川の自然談話会」という研修会(講演会)が開かれました。私は1週間ほど前に知ったのですが,午前中だったこともあり,参加することにしました(午后は別の用事があったので)。

講師の先生は,私がお世話になっている能登半島里山里海自然学校の常駐研究員の赤石さんと,これまた,ずっとお世話になっている海洋ふれあいセンターの坂井さんのお二人。

考えてみれば,じっくりとお話をお聞きする機会もなかったので,よかったです。

能登の自然が持っているポテンシャルに気づき,それを生かす方法を早く考えないと,ダメだなあと思いました。行政も一緒になって,取り組むことも大切だ!という会場からの声もあり,確かにその通りだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープゲンゴロウモドキがいた!

080202 先週の「地元学」の研修会の折,○○○池に,「シャープゲンゴロウモドキ」を発見。オスの単体でした。オスには,交尾する時に雌にくっつくための吸盤のようなものが前足についているのだそうです。言われて見てみると,確かにちゃんと吸盤が付いていました。

こういう生き物をさっと探し出す,講師の先生方もさすがですねえ。地元に住んでいても,何も知らない自分がいます。

地元学-ますます大切だと思いました。

シャープゲンゴロウモドキについては,ここ↓を見てね。

http://homepage1.nifty.com/keichin/kogenmo0.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドドドドド…

080201 羽咋駅の変な石像の第4弾です。

これは,ご覧のように縦型で,ドドドドド…とつくられています。

天に向かって,ドドド…とは,何を意味するのか。

お好きに想像してください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »