« 150mlにもいろいろな表現が | トップページ | 能登町の海岸段丘 »

金沢城の瓦の色のなぞ

Hisiyagura 先日,子どもたちの宿泊体験学習が行われました。
1日目は,金沢市街地をグループで立てた計画に従って自由行動です。
4時間かけて,いろんな場所をまわりました。

私の待機していた場所は,金沢城の菱櫓・50間長屋前。

途中,子どもたちがいない時には暇なので,案内所の人と少し話をしていました。
その中で,瓦の色が1階と2階で違うのはなぜかを聞いてみました。

答えは…
お城の瓦は,前からある石川門も含めて「鉛」が入っているそうです。
そして,その鉛が少しずつ酸化して,灰色から白っぽくなるとか。

しかし,新しく建てたこの50間長屋などの瓦は,酸性雨の影響で,瞬く間に白くなったそうです。1階の瓦は,そんなに雨風があたらないので,色に差が出たらしいです。

こんなところにも酸性雨の影響が…と思ってビックリしました。

|

« 150mlにもいろいろな表現が | トップページ | 能登町の海岸段丘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/16754626

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢城の瓦の色のなぞ:

« 150mlにもいろいろな表現が | トップページ | 能登町の海岸段丘 »