« 漣痕(さざ波の化石) | トップページ | アサギマダラに会えず »

常椿寺の大藤

070524 能登町巡りを続けています。
今回は,宇出津の常椿寺(じょうちんじ)というお寺さんの横庭にある大藤の紹介です。
この大藤は,樹齢500年とも言われており,『北陸の樹木』(北陸電力)などでは,日本最大の藤だということです。その名の通り,こうして近づくと全く藤の花は分かりません。この場所からでて,離れてみると山全体がうっすらと藤色になっています。根回り6.3mもあります。
石川県指定天然記念物となっています。

|

« 漣痕(さざ波の化石) | トップページ | アサギマダラに会えず »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/15188139

この記事へのトラックバック一覧です: 常椿寺の大藤:

« 漣痕(さざ波の化石) | トップページ | アサギマダラに会えず »