« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

地震の被害

070328 能登半島地震は,能登半島に大きな爪痕を残しました。本当にすごい地震だったようです。
私は,幸いにもというか,丁度そのとき東京にいたので,被害の状況は何も分かりませんでした。それでも,どうにか留守番人と電話がつながって「無事」を確認してホットしたものです。

帰宅してみると,壁に少し亀裂があったり,昆虫の標本が落ちてガラスが割れたりしていましたが,ニュースで見るような被害が無くて,よかったです。
でも,同じ能登地方のみなさんの避難する様子などを見ていると,心が痛みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山を見てきたよ

Sa330030 東京での娘の引っ越しついでに,富士山の方に寄ってみました。
というのも,東京の宿だったホテルから,朝,富士山が見えたからです。
来る時はあいにくの雨だったのですが,帰りは見えそう。
てなわけで,きれいな富士山を見ることができました。デジカメが無かったので,携帯で取りました。もう少しアップしたかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴの生長

070323 昨年5月,買ってきたイチゴの表面から取りだした種を植えて育ててきたイチゴが,プランターの中でこんなに大きくなりました。
私は,学校を異動したので,プランターとはサヨナラかなと思ったら,「センセー,せっかく育てたんだから持っていって」とのこと。ま,この子たちにまかせておけば枯れるかも…と思い,自宅に持ってきました。
ちゃんと花を咲かせるのだろうか…。

10月4日のブログを見てね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球新報の記事「逆さコップに…」

琉球新報の3月20日付けHPに,仮説実験授業の≪空気と水≫をやっている記事が載っています。外部講師としてやったようです。何処へ行っても仮説実験授業がうけるのは間違いないですねえ。

リンク: 逆さコップに水は入るか? 銘苅小で仮説実験授業 琉球新報~沖縄の最新ローカルニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本の青空

Indextitle ネットサーフィンをしていて,「鈴木安蔵」をテーマにした映画が作られていることを知りました。映画の題は『日本の青空』といいます。自主上映っぽい映画なので,何処でも見られるというわけではなさそうです。近くでは,次の上映が予告されていました。見にいきたいな。

石川県 5月3日(木) 石川県教育会館ホール

リンク: 日本の青空.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法研究会「憲法草案要綱」日本国憲法の誕生

3月のサークルで紹介した鈴木安蔵という人が所属していた憲法研究会の「憲法草案要綱」をみることができるサイトを見つけました。国立国会図書館です。画像は5ページあります。テキストもついていますので,読めます。最初の部分を抜粋します。

根本原則(統治権)

一、日本国ノ統治権ハ日本国民ヨリ発ス
一、天皇ハ国政ヲ親ラセス国政ノ一切ノ最高責任者ハ内閣トス
一、天皇ハ国民ノ委任ニヨリ専ラ国家的儀礼ヲ司ル
一、天皇ノ即位ハ議会ノ承認ヲ経ルモノトス
一、摂政ヲ置クハ議会ノ議決ニヨル

もう押し付け憲法なんて言わないでね。みなさん!

リンク: 憲法研究会「憲法草案要綱」 1945年12月26日 | 日本国憲法の誕生.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仁畜之碑

Jintikunohi とある獣医学部のある大学の構内で見つけた碑です。
おそらく実験動物に対する感謝の意味を込めたものだと思います。以前,TVでやっていた「ロシナンテの災難」を思い出してしまいました。
多くの命を救うために実験や実習の犠牲になる「動物の命」について,完全に頭の整理がついているかというと,そうではないのです。私は…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと迷いました

Toire07 東京のとある駅(三鷹駅)。向いのバス停からはジブリ美術館行きのバスが出ています。その近くのトイレにあった看板です。男の人が出てきた方へ,なにげなく入って行くと,女子トイレでした。その人も間違えたようです。
ちゃんと看板見なきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線路のないのと鉄道

Nototetu07 のと鉄道の線路がどんどんめくられています。寂しいです。踏みきりには止まらなくていいし,ど真ん中に止まってもいいので,車からこんな写真がとれるのです。横に積まれているのは枕木です。片手で,携帯で,撮ったので,地平線が傾いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »