« 珠洲市もついに60センチを超える積雪です | トップページ | 新しい地図記号ができたよ »

「活力門」ってどんな意味?

中国では,漢字しか使いませんので,新しく出てきてものは漢字に直すしかありません。例えば,CDは「激光唱盤」と呼ぶし,「一線通」というのは,ISDNのことらしいです。(莫邦富著『中国「新語」最前線』より)。

今日の『北陸中日新聞』の中日春秋(一面コラム)に中国の新語として国営新華社通信がある会社の社名を紹介するときにつかった「活力門」ということばのことが出ていました。さて,これは何と読むのだと思いますか。そう,ライブドアという意味です。さらにすばらしいことに,その発音が「ホォリィメン」といい,なんとも日本語の「ホリエモン」に近いじゃありませんか。中国人もなかなかやるねえ。

|

« 珠洲市もついに60センチを超える積雪です | トップページ | 新しい地図記号ができたよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/8267704

この記事へのトラックバック一覧です: 「活力門」ってどんな意味?:

« 珠洲市もついに60センチを超える積雪です | トップページ | 新しい地図記号ができたよ »