« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

雪の結晶と土井利位

1-1b 『たのしい授業・2005年11月号』の話題。中西さんの切り紙セット『紋切型』のレポートの中に,土井利位の『雪華図説』という本のことが出てきます。

紹介されていた古川歴史博物館のサイトから,土井さんの紹介を転載しておきます。

江戸時代も末の天保3年(1832)、日本で初めて雪の自然科学書が刊行されました。『雪華図説』と名付けられたその本の著者は、古河藩主土井利位(どいとしつら 1789~1848)。雪の効能14カ条と、雪の結晶86種の観察図鑑として誕生したものです。97種の雪華図を掲載し、のちに刊行される続編(1840年刊)とともに、顯微鏡を用いたこの観察記録は、江戸時代、日本人の科学成果のひとつとして高く評価されています。
 また、雪の結晶=「雪華」は、科学的成果として評価されるばかりではなく、さまざまな文物への文様としても大いにもてはやされ、江戸の庶民のあいだに、「大炊模様」として流行するまでになりました。科学する殿さま利位の美への欲求なくして、この傑作が生まれることはなかったでしょう。  本展では、日本の近代自然科学の礎となった土井利位と『雪華図説』を紹介しながら、あわせて「花」にたとえられた雪の結晶が、美術工芸品から日常品に至るまで、意匠を凝らして受容されて行く過程を明らかにするものです。

http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/sekka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグを目指すカマタマーレ讃岐

emblem 『たのしい授業12月号』の「はみだしたの」に出ていた香川県のサッカーチームのカマタマーレ讃岐。チームのエンブレムもおもしろいと言うことでみてみました。中央のうどんと卵のようなサッカーボールは何とも言えずかわいいですね。以下は,カマタマーレ讃岐の公式サイトからの引用。

新ネーム「カマタマーレ讃岐」は、その名の通り、讃岐うどんの定番「カマタマ」と、海を意味する「マーレ[mare(伊)]」をミックスした名前です。瀬戸の海に囲まれた美しい香川の自然と全国に誇る讃岐うどん。特に「釜玉」は、全国的にも類を見ない、まさに讃岐ならではのうどんです。その名をチーム名にいかすということは、讃岐を愛し、讃岐を誇りに思う気持ちの表れなのです。また、チーム自体も讃岐うどんのように、ツルッと滑らかなパス回し、腰が強く、逆境にもめげないねばりのあるチームになってもらいたいという願いも込められています。

公式サイトは,http://takamatsu-fc.jp/index.htm です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤十字、ひし形マーク承認

2005120801000718

赤十字社にイスラエルも参加できるように,新しいマークができました。以下,記事から引用します。

ジュネーブで開かれていた国際赤十字締約国会議は8日未明(日本時間同日午前)、「赤十字」と「赤い三日月」(赤新月)に加えて、宗教的に中立な「赤いひし形」を救急活動の第3のマークとして承認し、閉幕した。これにより、赤十字と赤新月の使用を拒んできたイスラエルの救急活動組織「マゲン・ダビド・アドム(ダビデの赤い盾)」に、国際赤十字活動全面参加への道が開かれた。第3のマーク承認はジュネーブ条約の第3追加議定書の採択という形で行われた。会議を主催したスイス政府は全会一致の承認を目指したが、シリアが反対したため、同会議では異例の投票に持ち込まれた。

※写真=8日、スイスのジュネーブで閉幕した国際赤十字締約国会議で、救急活動の第3のマークとして承認された「赤いひし形」(AP=共同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »