高野圭著『たのしく教師デビュー』

 一度は一般の会社に働いた高野さんが,明星大学の通信で教員免許状を取得し,高校に勤め,そして3年が経った…そんなころの事が綴られている本です。
 高野さんは,明星大学で,仮説実験授業とその考え方に出会います。そして,採用された現場でも,子どもたちと仮説実験授業をしたり,生徒指導でも,その考え方で接したりしていく中で,「先生の授業は楽しい」「先生のこと好き」「だいきらいな物理も楽しくなってきた」などと言ってもらえるようになるのです。
 ベテランの教師でなくても,子どもたちに歓迎される授業はできる。しかも高校でも可能である。そんなことを示してくれる内容でした。

明星大の恩師・小原茂巳さんのこんな言葉に,私も深く共感しました。

 だから,「〈意欲〉のない子ども達がいてあたりまえ」と思っていた方がいいですね。子ども達に対して,「意欲があるのがあたりまえ」と思ったら,…中略…「その態度はなんだ!」という風に,ムカついてしまいますから(笑)…中略…教師の役割として一番大事なのは,「興味を持続できること」=「〈意欲〉を持ってもらうこと」だと思うんですよね。(193p)

 意欲がないのは,子どもが悪いわけではないんです。これだけでも共通理解できると,学校はもっともっと子どもが過ごしやすい場所になるんですがねえ。

| | トラックバック (0)

椋鳩十著『動物ども』(復刻版)

 5年生国語の教材としていまやロングセラーになっている「大造じいさんとガン」というお話が収録されている本です。出版されたのは昭和18年5月。「大造爺さんと雁」という題名でした。本書には,他にも,14の動物に関するお話が収録されていて,どれも,動物の凜々しい姿が表現されています。私がもっているのは,ほるぷから出た復刻版です。
 それにしても,本書のタイトル『動物ども』の「ども」が気になってしまいます。「ども」には「たち」の意味があるのは分かりますが,なんとなく,自分より下に見下している表現のような気がするんです。昔はそうじゃなかったって事かなあ。
 今なら,『動物たち』といいたいところです。

三省堂の大辞林を参照してみます。

ども 【共】( 接尾 )
①  名詞に付いて、そのものが二つ以上であることを表す。 「者-進め」 「犬-」 「こまごましたこと-」 〔人を表す場合、現代語では「たち」にくらべて敬意が低く、目下の者や見下した意味合いに用いられる。「野郎-」「若造-」〕
②  一人称の代名詞に付いて、謙譲の意を添える。 「わたくし-の責任です」 「てまえ-の店では扱っておりません」
③  人を表す名詞に付いて、相手への呼び掛けに用いる。 「嫗-、いざたまへ/大和 156」

 やはり,私の感じたとおり,現代語ではその意味あいが微妙に変化してきたんですね。

| | トラックバック (0)

板倉聖宣著『板倉聖宣の考え方:授業・科学・人生』

 文字通り,今年,2月になくなった板倉聖宣氏の考え方に触れることのできる文章が30編,収められている。
 これまでにも,どこかで読んだことのある文章だけれども,こうして1冊の本になってみると,板倉氏の稀なる「社会を見る目」「ものを見る目」の確かさと,ユニークさが伝わってくる。
 板倉氏の科学論・哲学論の入門書でもあり,再入門書でもある。
 ここ数年の教育界の流れにどっぷり浸かってしまっている自分に気づかせてくれた。
 妥協しなくてもいい部分もいっぱいあるのだ。ちょっと最近は妥協しすぎているなあ。

| | トラックバック (0)

珠洲市親子議会

180726 珠洲市親子議会というものを初めて傍聴した。もう10年以上前からやっているそうだが,これが始まった頃は,わたしは他町に勤めていたし,その後担任も持っていなかったので,そんな機会がなかったのだ。今年は,クラスの子が参加するということで,応援に行ったのである。
 14名の子どもたちは,それぞれ,自分の経験から考えたことを表明していた。ただ,みんな3分という質問時間を守っていなかったのではないかと気になった。要項には「質問3分,市著答弁3分」と書かれていたんだがなあ。
 あと,すべての質問に対して市長が答えていたので,ま,そんなもんかとは思うけど,他の課長さんが,出てくるってのもありかも知れない。あのただ座っているだけの課長さんたちは,大変だもの。

| | トラックバック (0)

サザエとってきたぞ~とご近所さんから

180722 日曜日,近所のおっさん(といっても私よりも若いけど)から,サザエを頂いた。潜ってとってきたらしい。さっそく,夜,料理をして全て食った。たったの3人だったけど,全て食った。
 これが,能登で生きるってことだ。
 満足。
 ありがとう,おっさん,ありがとう,里山里海。

| | トラックバック (0)

鶴彬を学ぶ・生家跡

180624_01 鶴彬こと喜多一二(きたかつじ)は,高松町のこの家(写真)の向かいの家に生まれました。写真の家の場所は,一二が養子に行った伯父さんの家の場所だそうです。一二の生家は,道路を挟んだ向かいにあったそうですが,今じゃ,跡形もありません。
 鶴彬は,8歳の時に実父と死に別れ,母も再婚して妹だけ連れて東京へ行き,自分は,おじの家の養子となったのでした。
180624_02 この庭には,まだ,鶴彬とは名乗っていなかったころの初期の作品の句碑があります。
「可憐なる母は私を生みました」
 母への思いが表れた川柳です。
 喜多一二は,師範学校に進学したがっていたようですが,それは,叶いませんでした。
 わたしは,個人で回ったときに,ここへもちゃんと来ています。てっきり生家だと思っていましたけどね。

| | トラックバック (0)

鶴彬を学ぶ・浄専寺編

180623_01 反戦川柳作家鶴彬(つるあきら)のことを調べたのは,もうずいぶん前です。市販されている鶴彬の本は,手に入れられるやつは手に入れたつもりです。『鶴彬全集』もあるしね。
 今回,いしかわ総研が主催して鶴彬の生誕の地・高松町で学習会をするということで,これは勉強せねば…と思い,出かけてきました。
 講演の場所は,浄専寺というお寺さん。真宗大谷派の寺院のようです。
180623_02 このお寺の境内には,
「胎内の動き知るころ骨がつき」
の句碑があります。揮毫は,鶴彬の映画をほとんど手弁当で作ってくれた監督・神山征二郎氏。実は,来てみて分かったことですが,ここへは,以前自主的に来て写真を撮ったこともあります。
 まずは,境内に集まり,本日の日程を確認しました。

| | トラックバック (0)

アサギマダラのサナギ

180620 今,珠洲には,アサギマダラという蝶が,海岸に来ています。海岸に生えてるスナビキソウの蜜を吸うために来ているそうです。ピンポイントなのかな。
 この蝶は,長距離の渡りをする蝶として有名で,九州などからも飛んできているようです。どうしてそんなことが分かるのかというと,アサギマダラを研究している人(マニアも含む)は,蝶を捕まえて羽に名前や日付・捕獲場所などをマーキングし,もう一度放してやるのです。こういう作業を,あちこちでやることで,同じ蝶が捕獲され,どこから飛んできたのかが分かるというわけです。わたしも,2回ほど,里山里海の仲間と一緒にマーキングに参加したことがあります。
 アサギマダラは,珠洲地方に来るときにはもちろん成虫となっています。しかし,珠洲では産卵を行わないので,卵や幼虫の姿を見ることはできないのです。が,今回,白山市の知り合いから卵を分けてもらい,すっと学校で観察しています。
 サナギは,とてもきれいな緑色で,金の点々まで入っています。いつ羽化するのかな。

| | トラックバック (0)

「KITサマーサイエンススクール」の参加者募集中

 今年も,金沢工業大学で「サマーサイエンススクール」が行われます。参加は無料です。応募者多数の時は抽選だそうです。今年で24年。ずいぶん続いていますね。わたしは,1回目から,ほとんどの会で参加してきました。今年もまた,参加します。
 毎年,金沢近辺の小学生ばかりなので,是非,能登からもいかがですか。ただ,奥能登からだと,金沢で宿泊する必要がありますが…。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/yumekobo/news/data/24th_science.pdf

| | トラックバック (0)

スイカズラ

 久しぶりに記事を書きます。

180606 浜辺を散歩していると,今まで気づかなかった花が目に留まりました。白い花と黄色い花がいっしょに咲いています。花は,2つずつ行儀良く並んで咲いています。2色の花は同じ蔓から出ているようです。
 早速スマホで撮影し,「花しらべ(有料アプリ)」で検索してみると,ちゃんと名前が出てきました。スイカズラです。説明にも「2つずつ花が咲く」「花は白色から黄色に変わる」と書かれています。可愛い花です。漢方にもなったそうです。冬の寒さにも強いことから「忍冬」ともいうそうです。

| | トラックバック (0)

«大型カヌー体験と磯遊びとカレー